広告 大学生

【まだ間に合う!】大学の勉強についていけない人がやるべきこと5選

大学生 勉強 ついていけないのアイキャッチ画像
しょー
  • 授業内容が理解できず、勉強についていけない感じがある
  • 時間管理や勉強のやり方についての悩みが深い
  • モチベーションの低下や継続することが難しい

こんな悩みを解決できる記事になっています!

なぜなら、この記事では大学生が勉強についていけない原因から改善するための方法・継続のコツまで解説しているからです。

本記事の作成者

サルでもわかるデータサイエンスの運営者のプロフィール

この記事を読み終えることで、効率的に継続して勉強でき、大学の授業についていけるだけでなく、勉強力を身につけられます!

記事の前半では「大学の勉強についていけない大学生の特徴5選」について解説し、

記事の後半では「大学の勉強についていけるようにする方法5つ」に焦点を当てています。

大学生におすすめサブスク

しょー

大学生でも簡単に学べるお得サブスク2つのご紹介

データサイエンスとマーケティングは、今後社会人の必須スキルになります。

どの企業も今求めている人材なので、今のうちから学んでしまいましょう!

サービス名勉強分野料金
スタビジアカデミーデータサイエンス月980円から
デジマナビマーケティング月780円から

それぞれ、月1000円以下で学べる「破格」のサブスクですので、ぜひ試してみてください!

月1,000円以下で大学生のお財布にも優しい/

スタアカはこちら

デジマナビはこちら

サブスク型なので、見なくなったら簡単に解約できます!

しょー

それでは本編です!

大学の勉強についていけない大学生の特徴5選

大学の勉強についていけない大学生の特徴5選

大学の勉強についていけない大学生には特徴があります。

特徴を理解することで、なぜ大学の勉強についていけないのかを理解できるので、ぜひ参考にしてください。

大学の勉強についていけない大学生の特徴は、以下の5つです。

  • よく授業をサボってしまう
  • どう勉強すればいいか分からなくなった
  • 勉強をする時間がない
  • 授業の内容が難しいと感じる
  • モチベーションの維持がなかなかできない

それぞれ解説していきます。

よく授業をサボってしまう

大学の授業をサボってしまうのが、大学の勉強についていけない理由になってしまっている大学生が多いです。

大学の授業に出席してないので、どこか重要なのかや内容の理解が進められません。

授業をサボる理由は様々ですが、以下のような理由が考えられます。

  • 授業が面白くないと感じる
  • 早朝や遅い時間の授業に行くのが億劫
  • 他の予定があり、授業を優先できない

以上の理由によって授業に出席しないことで、授業内容が理解できなくなってしまいます。

授業に出ると出ないじゃ、テスト前の勉強のモチベーションも大きく変わるので、必ず授業には出席しましょう。

しょー

授業をサボるメリットデメリットは『【大学の授業をサボるか迷ったら?】サボることの影響を徹底解説!』で解説!

どう勉強すればいいか分からなくなった

大学の勉強方法が分からず、ついていけなくなる学生も多いです。

高校までの勉強スタイルを忘れてしまうと、適切な勉強法を再び見つけるのが難しくなります。

大学の授業は高校までと以下のような違いがあるので注意しなくてはなりません。

  • 内容がそもそも難しい
  • 授業範囲が広い
  • グループワークが多い

高校と大学の違いを理解し、自分に合った勉強方法を見つけることが大切です。

勉強法を見つけるためにも、まず授業に出て真面目にテストを受けるのがよいでしょう。

勉強をする時間がない

大学生は忙しいので、勉強する時間が確保できていない大学生も多くいます。

特にアルバイトやサークル活動に多くの時間を費やしていると、勉強時間が不足しがちです。

勉強する時間がないと感じている人は以下のような状況ではないでしょうか。

  • 時間割がかつかつ
  • 授業以外の時間はいつもバイトしている
  • テスト前にバイトを入れてしまっている

大学生が忙しいことは分かっていますが、それでも勉強時間は一番優先して確保すべきものです。

少しだけでも時間を確保して、勉強習慣を身につけるようにしましょう。

授業の内容が難しいと感じる

大学の授業内容が難しく、理解するのが大変で勉強についていけてない大学生もいます。

特に専門的な分野の授業では、それまで学んだ知識をもとに授業が進められるので、一度ついていけないときつくなってしまうのです。

授業の内容が分かりにくく感じる原因は以下のようなものが考えられます。

  • 授業が眠くなって内容が入ってこない
  • 数式や難しい内容が多すぎて、頭に入ってこない
  • 一度休んでしまってついていけない

以上の原因から、気づいた時には勉強についていけなくなってしまうのです。

一度授業についていけなくなるとつらくなるので、予習復習をしっかりしておきましょう。

モチベーションの維持がなかなかできない

勉強に対するモチベーションの維持も難しいので、勉強する習慣がなくなってしまう大学生も多いです。

大学の勉強は授業内だけでは理解できず復習する必要があるので、家で勉強するモチベーションを保つ必要があります。

モチベーションを維持するためには以下のような方法が有効です。

  • 小さな目標を設定してみる
  • 勉強の成果を可視化する
  • 勉強するグループを作る

以上の方法を実践することで、勉強へのモチベーションを保ちやすくなります。

しょー

授業時間外にも復習する必要があるという意識があるだけでも変わりますよ!

大学生が勉強についていけない3つの原因

大学生が勉強についていけない3つの原因

これまでで、勉強についていけてない大学生の特徴を解説してきました。

大学生が勉強についていけてない原因は大きく3つに絞られます。

  • 必要な勉強時間を確保できていない
  • 勉強にモチベーションがない
  • 授業で重要なポイントを知らない

先ほどの章と内容が重複するところもありますが、原因の把握をするのは大切なので、ぜひ参考にしてください。

それぞれ解説していきます。

必要な勉強時間を確保できていない

大学生が勉強についていけない主要な理由の一つは、必要な勉強時間を確保できていないことにあります。

大学生活は自由が多い反面、時間管理が難しいことも多く、勉強時間が不足しがちです。

大学生が色々なことに日々追われており、特に以下のような活動が時間を取られてしまいます。

  • アルバイトやインターンシップ
  • サークルや部活動
  • 友人との交流や遊び

以上のことに時間が取られるため、勉強時間が取れなくなったり授業をサボってしまうのです。

勉強に必要な時間を確保するためには、日々のスケジューリングと優先順位の設定が重要です。

しょー

自分の一日を振り返り、どのように時間を使っているのかを分析することから始めましょう!

勉強にモチベーションがない

勉強に対するモチベーションがないことも、大学生が勉強についていけない原因の一つです。

特に、将来の夢や目標がはっきりしていない場合、勉強する意味を見出しにくくなります。

勉強に対するモチベーションを高めるためには、以下のようなアプローチが有効です。

  • 自分の将来の目標を明確にして必要な勉強をリストアップする
  • 勉強の進捗や成果を可視化する
  • 勉強の目標を達成した際に、自分にご褒美を与える

これらの方法を取り入れることで、勉強に対する意欲を高められて、習慣化に結び付けられます。

また、勉強の意義や価値を再認識して、将来に役立つ知識や技能を身に付けることができるという意識を持つことも重要です。

しょー

目標設定については『大学生は目標を持つべき?理由や目標の立て方を解説!』で解説しています!

授業で重要なポイントを知らない

授業で何が重要なのかを把握できていないことも、勉強についていけない原因の一つです。

授業内容が複雑であるものも多いため、一度でも授業をサボってしまうと重要だったポイントを学べずに置いていかれてしまいます。

重要なポイントを把握するためには、以下のような方法が有効です。

  • 授業前に教科書や資料を読み、内容をあらかじめ把握しておく
  • 授業中に重要なポイントや疑問点をメモする
  • 授業後にメモを見返し、理解不足の部分を再学習する

これらの方法を実践することで、授業内容の理解度をぐぐっと高められます。

また、分からない点があれば積極的に教授や先輩に質問することも大切です。

しょー

復習する時間がない人は、授業の数分前に内容をざっと見て、授業中にメモ!を意識しましょう

大学生が勉強についていけるようにする方法5つ

大学生が勉強についていけるようにする方法5つ

大学での勉強についていけてないと感じた時こそ、挽回するにもってこいの機会です。

今から勉強についていけるようにするには、以下の5つの方法を意識しましょう。

  • 定期的な復習を行う
  • 先輩や友達に分からない所を聞く
  • 自分に合った勉強法を発見する
  • 毎日少しずつでも勉強する
  • オンライン講座で簡単に勉強する

それぞれ詳しく解説していきます。

定期的な復習を行う

大学の勉強についていけるようにするためには、まず定期的な復習が必須です。

復習を行うことで、学んだ内容をしっかりと記憶に定着させられ、次の授業からついていけるようになります。

定期的な復習は以下のように行いましょう。

  • 毎日の授業後、その日学んだ内容の概要を復習する
  • 週末にその週の授業内容を全体的に見直す
  • 月に一度は過去の学習内容を総復習する

以上のペースで復習すると、理解が深まり、徐々に勉強のペースに慣れていきます。

最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れることで効率も上がります。

しょー

復習していくにつれて、段々学んでいることが繋がっていくので、復習は重要です!

先輩や友達に分からない所を聞く

分からないことがあれば、先輩や友達に積極的に聞くことも大切です。

大学の先輩や友達ならすでにあなたがつまづいている所を突破している可能性があり、思いきって聞いてみるとすぐ解決できます。

友達や先輩に聞くメリットは以下の通りです。

  • 同じ大学の先輩なら、その授業の特徴やポイントを知っている
  • 友達に聞くことで、一緒に勉強できる
  • 説明を聞くことで、新しい視点を得られる

あなたが考えていることとは、また別の考え方をしていることもあるので、新しい視点を持てます。

また、先輩なら過去問も持っていることがあるので、あわせて聞いてみましょう。

しょー

とにかく人に頼ってみましょう!

自分に合った勉強法を発見する

自分に合った学習法を見つけることも考えていかなければなりません。

人によって理解しやすい方法は異なり、早くその勉強法を見つけないと勉強についていけない状態が続くからです。

例えば、以下のような勉強法があります。

  • 短い時間で集中して学習する「ポモドーロ・テクニック」
  • 図表やカラフルなマーカーを使ってまとめる勉強法
  • 自分の言葉で説明することで理解を深める「アウトプット学習」

勉強するうえで意識すべきなのは、アウトプットです。

勉強したことをあなたなりに整理して、アウトプットすることで理解度を大きく引き上げられます。

テスト前に授業内容をぐっとまとめてみるのがおすすめです。

しょー

毎日少しずつでも勉強する

毎日少しずつでも勉強する習慣をつけることが大切です。

毎日コンスタントに勉強することで、知識が徐々に積み上がるだけでなく、習慣化されていきます。

毎日勉強することで以下のようなメリットがあります。

  • 自分の勉強スタイルが把握できる
  • モチベーションに左右されずに習慣化できる
  • 学んでいることが定着する

毎日勉強することにより、勉強が日常の一部となって、自然と勉強できるようになります。

習慣化できると、もう勉強についていけないなんてことにはならなくなるので、できるだけ習慣化を目指しましょう。

オンライン講座で簡単に勉強する

オンライン講座を利用して簡単に勉強する方法もあります。

オンライン講座は自分のペースで学べて、大学の授業よりも噛み砕いて説明してくれるのでおすすめです。

オンライン講座は以下の様に受講することをおすすめします。

  • 分からない科目に特化したオンライン講座を選ぶ
  • 授業の前に予習として、関連するオンライン講座を視聴する
  • 分かりやすい講師の解説からつまづいている部分だけを学ぶ

オンライン講座は授業とは違う観点から話されていたりすることが多いので、理解しやすいです。

最近はサブスク型のオンライン講座も出ているので、色々なものを検討してみましょう。

しょー

僕は大学の勉強に加えて、2つのサブスクに入ってます!

サービス名勉強分野料金感想
スタビジアカデミーデータサイエンス月980円からスタアカの感想
デジマナビマーケティング月780円からデジマナビの感想

それぞれ、月1000円以下で学べる破格のサブスクですので、ぜひ試してみてください!

月1,000円以下で大学生のお財布にも優しい/

スタアカはこちら

デジマナビはこちら

サブスク型なので、見なくなったら簡単に解約できます!

時間がない大学生でも勉強を継続するコツ5つ

時間がない大学生でも勉強を継続するコツ5つ

時間がないと感じている大学生でも、いくつかの工夫で勉強を継続できます。

勉強についていけないのは勉強時間が足りていないことが多いので、勉強を継続する必要があるのです。

この章では勉強を継続するコツを5つ紹介します。

  • 短時間集中型で勉強する
  • 大学の授業に出る
  • 通学時間を勉強時間に変える
  • 優先順位をつけて勉強する
  • 生活リズムを整える

それぞれ詳しく解説していきます。

短時間集中型で勉強する

短時間でも集中して勉強することで、効率よく知識を身につけられ、スキマ時間でも活用できます。

時間がない大学生はとにかく短期集中型にしなければならず、少ない時間で効率よく学ばなければなりません。

集中力が持続する時間は人によって異なりますが、以下の方法で勉強しましょう。

  • ポモドーロ・テクニック(25分間の集中と5分間の休憩を繰り返す)
  • 1つの科目だけに集中して勉強する
  • スマホなどを遠ざける

短い時間で区切って、勉強科目を絞ることが大切です。

また、スマホなど気が散る物は遠ざけ、30分だけでも集中できるようにしましょう。

大学の授業に出る

大学の授業に出席していない人は、まず大学の授業に出ることから始めましょう。

授業に出ることで授業のポイントとなる部分がどこか分かるので、勉強効率が一気に上がるのです。

授業に出ることで得られるメリットは以下の通りです。

  • 授業のポイントとなる所が先生の説明ぶりから特定できる
  • 授業の進行に合わせて自分の勉強スケジュールを組める
  • 授業で学んだ内容を復習することで知識が定着しやすい

特に、先生が「ここがポイント!」と言っている時もあるので、テスト対策のためにも授業に出ることは重要です。

友達に聞く選択も取れますが、友達が100%聞けていると思わないようにしましょう。

しょー

ずっと友達に聞いているとそのうち信頼を失ってしまいます

通学時間を勉強時間に変える

通学時間を勉強時間に変えることで、日々のスキマ時間を活用できます。

移動中も勉強することで、時間を有効に使えて、時間がない状況から抜け出せるのです。

通学中にできる勉強方法は以下のようなものがあります。

  • オーディオブックやポッドキャストを聞く
  • 電子書籍やアプリを使って学習する
  • 単語カードやメモを活用して覚えるべき事項を確認する

移動中は集中できる環境が限られるため、短い時間で簡単にできる勉強方法を選ぶことが大切です。

特に、大学に向かう際は1日の授業資料の確認などを行うようにしましょう。

しょー

満員電車の場合は、イヤホンで学習を進めることをおすすめします

優先順位をつけて勉強する

勉強する内容に優先順位をつけることで、効果的に時間を使えます。

重要な内容から取り組むことで、本質的なことから理解を進められ、勉強効率を上げられるのです。

優先順位のつけ方は以下のように行います。

  • 授業や試験で重要視される内容を優先する
  • 理解に時間がかかる内容は早めに取り組む
  • 締め切りが近い課題やレポートを優先する

以上のように優先順位をつけることで、限られた時間の中で何を先にすべきかを明確にできます。

できるだけ、あなたに合った優先順位をつけることを心がけましょう。

生活リズムを整える

生活リズムを整えることで、勉強に集中しやすい状態を作り出せます。

規則正しい生活を送っていない大学生が多いため、生活リズムを整えるだけでもパフォーマンスは大きく変わってくるのです。

生活リズムを整えるためには、以下のような点に注意しましょう。

  • 十分な睡眠をとる
  • 健康的な食事を心がける
  • 定期的な運動を取り入れる

良い生活リズムは、学習効率を高めるだけでなく、精神的な健康にも良い効果があります。

できるだけ、バランスの取れた生活を心がけましょう。

大学生の時から勉強習慣をつける3つのメリット

大学生の時から勉強習慣をつける3つのメリット

ここまで大学生の勉強について解説してきましたが、そもそも勉強習慣がつけられたら何が良いのか分かりませんよね。

そこで、この章では勉強習慣をつけることで得られる3つの主なメリットを以下に紹介します。

  • 社会人でも勉強して成長できる
  • 勉強してない人と差をつけられる
  • 専門分野の情報収集が上手くなる

それぞれ詳しく解説していきます。

社会人でも勉強して成長できる

大学生の間に勉強習慣を身につけると、社会人になっても自己成長を続けられます。

大学生時代に確立した勉強習慣は、キャリアを積むための勉強を行う場合にも役に立つのです。

たとえば、以下のような状況が挙げられます。

  • 新しい職業技能や知識を学ぶ必要がある時
  • 昇進試験や資格取得のための勉強が必要な時
  • 業界の最新動向や技術革新に追いつくため

以上の状況に直面したとき、大学生の頃に培った勉強習慣が大きな力になります。

学ぶことへの抵抗感が少なく、新しい知識を吸収しやすくなるため、キャリアの成功に繋がるのです。

しょー

社会人になってから勉強習慣を身につけるのはなかなか難しいと思うので、今のうちから始めましょう!

勉強してない人と差をつけられる

大学時代に勉強習慣を身につけることで、勉強していない人との差別化が可能です。

勉強習慣があることで、毎日コツコツと知識を積み上げられるので、勉強していない人と少しずつ差をつけられます。

その結果、以下のような利点が得られます。

  • 授業での理解が深まる
  • 就職活動でアピールできる専門知識を持つ
  • 大学の研究やプロジェクトでのパフォーマンスが向上

以上のことは勉強習慣がない人だと得られない効果のため、勉強習慣を身につけた方が良いのです。

特に就職活動では、専門的な知識や教養も重視されることが多いので、大きなアドバンテージになります。

専門分野の情報収集が上手くなる

勉強習慣を身につけることで、専門分野の情報収集スキルが向上します。

特定分野に関する深い知識を勉強して持っておくことで、情報の選別や分析能力を高められるのです。

その結果、以下のようなスキルが身につきます。

  • 最新の研究や技術トレンドを追いかけられる
  • 大学での研究やプロジェクトで有益な情報を見つける
  • 自分の専門分野に関連する重要な情報を素早くキャッチする

以上のスキルは、勉強はもちろんのこと、将来働くことになっても役に立つものばかりです。

情報収集能力が高いと、常に業界の最前線にいられるため、キャリア構築においても大きなメリットとなります。

まとめ

今回の記事では、大学での勉強についていけない問題とその解決策を解説してきました。

大学の勉強についていけない大学生の特徴5選は以下の通りです。

  • よく授業をサボってしまう
  • どう勉強すればいいか分からなくなった
  • 勉強をする時間がない
  • 授業の内容が難しいと感じる
  • モチベーションの維持がなかなかできない

以上の特徴から、勉強に対する態度や環境が重要であることがわかります。

大学生が勉強についていけない3つの原因は以下の通りでした。

  • 必要な勉強時間を確保できていない
  • 勉強にモチベーションがない
  • 授業で重要なポイントを知らない

これらの原因を理解し、対策を講じることが重要でした。

大学の勉強についていけるようにする方法5つは次のとおりです。

  • 定期的な復習を行う
  • 先輩や友達に分からない所を聞く
  • 自分に合った学習法を発見する
  • 毎日少しずつでも勉強する
  • オンライン講座で簡単に勉強する

以上の方法を取り入れることで、学習効率を高めることができます。

時間がない大学生でも勉強を継続するコツ5つは以下のようになります。

  • 短時間集中型で勉強する
  • 大学の授業に出る
  • 通学時間を勉強時間に変える
  • 優先順位をつけて勉強する
  • 生活リズムを整える

これらのコツを実践することで、忙しい中でも効率よく学ぶことが可能です。

補足として、大学生の時から勉強習慣をつける3つのメリットを挙げました。

  • 社会人でも勉強して成長できる
  • 勉強してない人と差をつけられる
  • 専門分野の情報収集が上手くなる

これらのメリットから、将来的なキャリア形成にも大きな効果があります。

あなたがもし「大学の勉強についていけない」と感じているなら、この記事を参考にしてみてください。

しょー

日々の勉強習慣の見直しから始めて、徐々に勉強の質を向上させましょう

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングでフォロー
サルでもわかるデータサイエンスのブログアイキャッチ画像
運営者の画像

しょー

地方公立大学でデータサイエンスについて学んでいる大学3年生のしょーです。

これまで、大学で学んできたこと、個人的に調べてきた情報を、「大学の先輩」的なポジションから大学生をサポートしたいと考えております。

何か分からないことがあれば、X(Twitter)のDMやブログ内のお問い合わせにてご相談ください。

また、記事作成依頼やサービスの体験依頼も承っております。 お気軽にご相談ください。

-大学生
-